2017/6/24, Sat.

 ベンチに座っていると、鳩が飛んできて目の前をうろつく。首もとを一周彩る濃い緑(真夏の川のような色? また同時に、どんな記憶に基づいているのか知れないが、どこか「和」の質感を感じさせ、仏教的な印象をも与えるようである)と、足の、実に真新しいような鮮やかなサーモンピンク(生まれたての動物の赤子を思わせるような、「肉の色」)。

広告を非表示にする