2017/6/23, Fri.

 前方から、黒塗りの大きな、ごつごつとした車(鼻面に、GMCとか何とか、アルファベット三文字が入っていた)。脇を過ぎて曲がって行く間際に、ひらいた窓から音楽とともに、煙草と香水の混ざった匂いが届き、鼻を一時占領する。祖父の車のなかの匂いを思い出す(これは先日、兄と会った時にも話題になり、祖父さんの車は臭かったな、と何かの拍子にあちらが言うのに、こちらも思い出して、即座に同意を返したことがあった)。

広告を非表示にする